.

クルマに乗るあなたは承知だのはずですが自動車税が徴収されます。

それで自動車税は、自動車の買い取りの際に還ってくるのです。

ちょっとやると直ぐに頭に入ってくると思いますがそれでは順を追って簡易的に説明しましょう。

説明をするならば、日本の車に限らず外国の車も税が還ってくる対象に決まっています。

もちろん愛車についてもそうです。

自動車を持つ人が払わなければいけない税ですが、税額は自動車の排気量の大きさで決定されます。

1リッター以下なら29500円、1リッターから1.5リッターまでが34500円。

これ以上は500ccごとに5000円ずつ増加していきます。

それからこれは4月1日の時点の保有者が、その年度の金額を納付する決まりです。

つまりは前払いということですから、勿論愛車を手放して所有権を失った際などは前払いした分の税は返還されるというわけです。

税というのは事前納付で来年3月までの全額を支払いますのでその年度内に車を手放した場合には入れ替わった保有者がこの税を支払わなければいけないということです。

売却相手が専門店であれば引き取り時に払いすぎた税金を返金してもらえます。

所有権を手放した日以後の自動車税は、権利が移った保有者が納付義務を負います。

例えば自分が10月中に車を売却したケースでは11月から翌年3月中までの税金は戻ってくるのです。

というのは繰り返しになりますが自動車税という税金は前払いであるという決まりからもわかります。

つまり前オーナーは買取先に税金を返還してもらうということになります。

業者を介さずに車を売却する場合意外とこのような重要な知識に気づかない方がよくいるため、ぜひ確認するようにしなければなりません。

自動車税が車を売却すると戻ってくるということをほとんど知っている人がいない事を利用して、その事実を言わない悪質業者もあります。

こちら側から自動車税の返金について言わなければ全然そのことに関して言わないということも聞かれます。

そのため愛車の買い取りを依頼する場合は、自動車税が返還されるか否かをチェックすることをおろそかにしないようにしましょう。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.avclaplaza.org All Rights Reserved.