.

予測せず思いがけず遭遇してしまうのが自動車の事故です。この場面でどうやって対応したかで保険金の受け取り額も違ってくる状況も予想できますので間違えない決断と対応力が求められます。想像も出来ないケースで気が動転してしまえば必要な状況を見過ごしてしまいこの先自身がかなりの損を受ける場面も考えられるので乗用車の事故をしたケースは正しく以下の対応をしましょう。車の事故の遭遇したケースで最も初めにしなければいけないのが負傷した人がいるかどうかのかを確認する必要があります。事故の後すぐは気が動転するあまりショック状態になってしまう状況があり短期間で動けないのが現実です。その状況では、怪我人がいたならば安全が確認された場所に移してできる限りの手当を行い、周囲の人に助けを呼ぶ等人命救助の最優先に努めましょう。119番に連絡する場合には正しい場所を伝え分からない場所では周辺の目を引く建造物や町名を伝えてその住所が分かってもらえるようにします。その後に警察へ知らせ、事故を起こしてしまった事さらに現在の状況を話します。救急車と警察が来るのを待っている時に怪我人のことを確認します。姓名、免許証番号、車のプレート事故の相手の保険会社という相手だけでなく自分の情報を教えあいます。その時事故の相手に過失があるような時には現場で解決しようとするケースが考えれますが事故現場でやり取りするのではなく、どのような状況だったにせよ110番や自動車保険の会社に報告して調べてもらいます。関係者の情報をやり取りしたら交通のじゃまになるのを避けるために障害物を道路の上から取り去ります。万が一妨げになった物が妨げとなっている時には、相手と自分の情報の交換をするよりもその対応を行うことは問題はないです。自らの保険会社に電話をして車の事故があった事を報告します。事故から一定時間の間に自動車保険会社に連絡しておかないと、自動車保険の適用除外となることも考えられるのでできるだけすぐに電話をすることが必要です。また事故の様子としてデジカメや携帯のカメラ等で状況や乗用車の破損状態が分かる写真をを残しておきます。この写真は過失割合を決めるかなり大きな証明となりますので自分自身の乗用車や相手の乗用車の破損箇所をちゃんと証拠として残しておきましょう。その際に第三者がいたらおまわりさんや保険会社が着くまで一緒に待っていてもらえるようにお願いするのも大事です。

Copyright (c) 2000 www.avclaplaza.org All Rights Reserved.