.

予想外に急に起こるのが自動車の事故です。その状況でどのように判断するかによって車の保険料の支払額もかなり差が出る場面も予想できますので正確な判断力と対応力が大事です。考えもしない状況に動揺してしまえば必要不可欠な状況を見失ってしまい、後々自らが大きな損をしてしまうこともありえるので事故をしてしまった状況では落ち着いて以下に記述した対処を行いましょう。交通事故の遭遇した場合に第一にする必要があるのは怪我をした人の確認です。自動車事故の後はパニックになって呆然としてしまうことがあり短期間で対応できないのが一般的です。その場面では、負傷した人がいた時に危険じゃない場所へ動いてできる限りの手当して、周囲の人に助けを呼ぶ等して救助の最優先に努める必要があります。119番に連絡する場合ははっきりと事故現場を連絡して分からない場面では付近の目に留まったスーパーや場所名を連絡し事故の地点が分かるようにします。次に警察署へ知らせ、車の事故があった旨、様子を伝えます。救急車と警察の到着を待っている内に事故の相手の内容を聞きます。名前、住んでいるところ、連絡先、免許相手の自動車保険会社名というそれぞれの身元を言います。その時事故の相手に原因がある時には事故現場でやりくりしようとするケースが考えられますが即刻結論を出すのではなくどの時だとしても警察署や車の保険会社届けきちんとジャッジしてもらう事が必要です。お互いの情報を交換したら他の車の邪魔になるのを避けるために障害になる物を道路から除去します。どうしても障害となった物が通りかかった人の交通の邪魔になっている場合は、お互いの情報の交換をするより先にその作業を完了させても大丈夫です。次に自分の車の保険会社に知らせ、自動車事故があった旨を届け出ます。特定の期間の間に保険会社に知らせておかないと自動車での事故の保険の適用除外にされる場合もあるので時間が出来たらすぐに行動することが重要です。出来たら現場の証拠として、カメラや携帯電話のカメラなどで事故現場や事故車の壊れた箇所が分かる写真をを写しておきます。これは落ち度の割合決めるかなり大きな糸口とできるので己の乗用車や相手方の車の壊れた箇所をちゃんと証拠に残しておくことが大事です。この場面で第三者がいたとしたら警察や保険屋さん辿り着くまで現場に待機して頂くように話しておくことも大切です。

Copyright (c) 2000 www.avclaplaza.org All Rights Reserved.