.

車での事故に巻き込まれた場合自身が自動車事故の被害者であっても事故を起こした人が責任を一切受容しない状況はかなり多くあります。例として、故意に起こしてしまったのと違い少し他のことに気がいったことで自動車を当てられた場面などに、口論につながってしまうケースがあるのです。かといって、事故現場で車のみの事故して片付けられ、時間が経過して後遺症が現われてから通院した病院の診断書を提出するということは対応が遅れるとなるのは否めません。それならば、交通事故の過失割合の結論にはどういう風な目処があるのでしょうか。正しく説明しますと警察署が確定するのは主として交通事故の大きなミスがあったのはどちらのドライバーかという内容であって、過失の割合がどうなのかということではないのです。その上、決められた事故責任者が教えられる事は状況は考えられません。そんな訳で、過失の割合は事故当事者の相談によって明確にされこの結果が損害賠償の算定基準になる訳です。この場合、双方共に任意の保険に加入していない場合は両方がダイレクトにやり取りすることしかできません。しかし、当然こういう話し合いでは、短絡的なやり取りになる時が存在します。これに加えて、互いの意見が平行線をたどれば悪くすると、裁判沙汰になりますが、その場合長い年月と裁判費用膨大なマイナスを避ける事ができません。ほとんど事故に関わってしまったそれぞれの当人に付く保険会社、そのように互いの保険会社に話し合いを頼む手段で、相当な「過失割合」を決めさせるのです。そのような際、保険の会社は、それ以前の車の事故の訴訟の結論から決められた認定基準、判例集等を元に、推定と協議をしてどちらに何割過失があるのかを算出します。と言いつつも自動車の事故においては巻き込まれてしまったのか他者を巻き込んでしまったのかの状況を問わず第1に警察に電話するのがルールです。その後、保険屋さんにやり取りをしてこれからの協議をお願いするのが順序となります。ちゃんとした手順さえ理解しておればそれぞれの無益な協議への展開を未然に防止できます。

Copyright (c) 2000 www.avclaplaza.org All Rights Reserved.